看護安全技術研修会2018 (横浜)

 

 

- 安全・安心な看護技術 -----

 

 

 

2018825()10:00-16:00

 

横浜国立大学講義棟1号館101教室 (定数200)

 

主催 日本医療安全学会

 

 

 

 

 

 (趣旨)  看護技術の安全は医療安全と患者の満足の向上にとって不可欠です。本プログラムは、看護技術の安全に関する基本資料を提供するものです。

 

 

 

 

受講対象者:  日本医療安全学会の看護系会員、その他の看護師

 

 

企画運営者:

三上  久美子  (横浜市立みなと赤十字病院 看護副部長 医療安全推進課課長)

新村  美佐香 (菊名記念病院  医療安全管理部部長)

 

 

 

 

プログラム

 

 

 

 

 

受付開始 930

 

 

 

10001200 (基本テーマ) 他職種の声から安全な看護の提供を考える

 

全体進行:大原 志歩 (神奈川県済生会 横浜市東部病院 医療安全室)

 

 

 

10001100    安全な看護提供のための基礎的知識

大原 志歩 (神奈川県済生会 横浜市東部病院 医療安全室)

 

 

11001200     医療安全管理者(医師)の立場から

武居 哲洋 (横浜市立みなと赤十字病院 院長補佐  医療安全推進室副室長)

 

 

 

12:0013:00 昼食

 

 

 

13001340 医薬品の安全な使用の基本的考え方  −医薬品安全管理者の立場から

金田 昌之 (医療法人五星会菊名記念病院 薬剤部次長)

 

                                              

13401420 医療機器の安全な使用の基本的考え方 – 医療機器安全管理者の立場から

皆川 宗輝 (横浜市立みなと赤十字病院 臨床工学部 技師長)

 

 

14201440 休憩

    

 

14401520 リハビリテェーションにおける安全の基本的考え方 −作業療法士の立場から

大平 雅弘(横浜新緑総合病院 リハビリテーション部係長)

 

 

15201530 休憩

 

 

15301600 全体討議

 

 

1600  閉会

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------

C) IARMM2018  このホームページはリンク自由です。