医療リスクと患者安全のための一般市民向けのニュースレター  (一般社団法人 日本医療安全学会)

 一般市民のみなさま個々人が医療のリスクを正しく理解し、患者安全に関する最新の話題を得ることは、みなさまが医療からの不要なリスクから身を守り、安全な医療を受けるためには絶対に必要です。 これにより患者中心の安全なチーム医療が促進します。
 この目的のため本法人は以下の方法で一般市民のみなさまを対象としてニュースレターを無料配信します。

(記事内容) 医療全般でのリスクと安全性、専門科(歯科を含む)別のリスクと安全性、医薬品のリスクと安全性、医療機器のリスクと安全性、看護でのリスクと安全性、患者側の医療弁護士の助言、患者団体からの発言など、 様々な関連分野から市民の皆さま方に知っておいてほしい最新情報をお届けします。

(発行方法) 下記の編集委員会によって作成されたニュースレター記事を本法人ホームページにおける特設サイトに掲載して、下記より市民会員として登録された皆様および本学会会員の方々へ直接配信します。発行は年数回です。印字版ニュースレターは発行しません。

(一般市民会員の登録方法) 下記からお申し込みください。

   一般市民会員の登録

市民会員の登録料・年会費・購読料などすべて無料で、費用は一切ご負担いただきません。市民会員になるための必要な資格は特にございません。



(一般市民向けニュースレター編集委員会・委員)
 医療安全:      秋野 裕信 (福井大学)、水本 一弘 (和歌山県立大学)
 医薬品安全:     清野 敏一 (帝京平成大学薬学部)、生島 五郎 (松戸市立総合医療センター)、夏目 義明 (横浜労災病院)
 臨床医学安全:    河田 健司 (藤田保健衛生大学)、永山 正雄 (国際医療福祉大学)
 看護安全:      衣川 さえ子 (東京医療保健大学)、新村 美佐香 (菊名記念病院)、三上 久美子 (横浜市立みなと赤十字病院)、
 医療機器安全:    鈴木 聡 (神奈川工科大学)、石井 宣大 (東京慈恵会医科大学葛飾医療センター)
 患者団体の立場から: 勝村 久司 (患者団体)、木下 正一郎 (きのした法律事務所)
 編集事務局:     日本医療安全学会本部

 本事業は医療従事者向けではありません。


 2018年3月

   一般社団法人 日本医療安全学会

---------------------------------------------------------------------
 C) JPSCS 2018 このサイトはご自由にリンクいただけます。