医療安全教育セミナー(技術編)2019

  

医療技術のリスクと安全性の向上

 

 

会期 2019127() 8()

 会場 東京大学

 

会場変更

 

法文1号館2階25番講堂

医学部1号館3階大講堂

 

 

主催 日本医療安全学会  

 

 

 

 

 

 

プログラム

趣旨:  本教育プログラムは、高度な医療安全活動を構築するための最新の資料を与えるもので、内容は毎年新しい話題を取り上げています。本年度からは学会役員の中で、本分野で経験豊富な諸先生による講演が行われます。本講座は2日間参加申し込みのみを受け付けます。

参加者には受講証明書を発行いたします。

 

受講対象者:  学会員、医療施設経営者、専任医療安全管理者、専従医療安全管理者、医薬品安全管理者、歯科医療安全管理者、臨床リスクマネージャー、医療機器安全管理者、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、放射線技師、臨床検査技師、医療事務関係者、医療産業界関係者、その他の医療従事者。

               

(1日目)   2019127() 午前9午後5

 

受付開始 午前有効性8

 

午前9  開 会

 

9:009:30  (講演)  身体拘束に関する基本的考え方

 

新村 美佐香  (横浜メディカルグループ医療安全推進部、菊名記念病院医療安全管理室)

 

 

9:30-10:20  (講演)  医療機関での患者の身体拘束に対する判例の概要

 

          井上 清成 (井上法律事務所弁護士)

 

 

             

10201030  休憩

 

 

10:301200 (講演) 組織で取り組む身体拘束ゼロへの取り組み

 

           北島 明佳 (医療法人社団元気会横浜病院)

 

 

 

12001300  昼休憩

          

  

 

13001420  (シンポジウム)  多職種連携で取り組む転倒・転落予防対策

 

   13001320 横浜市立みなと赤十字病院の取り組み   

 

               三上 久美子 (医療安全推進課 副看護部長) 

 

   13201340 横浜市済生会東部病院の取り組み

 

           大原 志歩  (TQMセンター 医療安全管理室) 

 

   13401400 ベルランド総合病院の取り組み

 

           永井 智貴 (理学療法室 )

 

   20分  総合討論

 

             

14201430  休憩

 

 

14301700  (シンポジウム)  せん妄対策への取り組み

 

   14301530 せん妄対策の必要性と取り組みの実際

 

           山田 宇以 (聖路加国際病院心療内科) 

 

   15301620 薬剤師の視点から見るせん妄対策

 

           玉井 英子 (聖路加国際病院薬剤部)

 

   16201645 医療安全管理から見るせん妄対策 

 

           新村 美佐香  (菊名記念病院 医療安全管理室)

 

   15分  総合討論          

 

 

        

17:00  1日目閉会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(2日目)   2019128() 午前9時〜午後3

 

入室開始 午前830

 

 

  午前の部の概要■

注目すべ重大医療事故を引き起こす原因となった技術リスクを明らかにして、その改善策を講義する。

 

 

9:00-9:40  (講演)  医療安全分野における重大事例に対する技術安全 (1)

      外科系高難度新規医療技術の導入プロセス −病院医療倫理の観点から−

      

川ア 志保理 (順天堂大学医学部心臓血管外科学・病院管理学、順天堂大学医学部附属順天堂医院医療安全推進部、東京都医療安全調査委員)

 

 

9:50-10:30  (講演)  医療安全分野における重大事例に対する技術安全 (2)

画像診断・病理診断報告書未確認事例の概要と対策     

                  

  海渡 健 (東京慈恵会大学附属病院中央検査部、前医療安全管理部)

 

 

10:40-11:20  (講演) 医療機器の空気誤送に関する最近の重大事故 

 

田仲 浩平 (東京工科大学・医療保健学部・臨床工学科)  

 

概要:  補助循環装着時に発生する空気誤送事故について実例を挙げて技術的安全を講義する。

 

        

11:30-12:10   (講演) 医薬品安全に関する最近の重大事故事例

 

橋田 亨 (神戸市立医療センター中央市民病院薬剤部)

 

概要:   技術リスクの高い甚大な投薬事故事例について、その実情と安全対策の有り方を講義する。

 

 

 

12101310  昼休憩

 

 

 

13:10 - 15:00   (パネル討論会)  医療事故の裁判判例に関する法的な解釈 

   

オルガナイザー  井上 清成 (井上法律事務所、弁護士)

 

大磯 義一郎 (浜松医科大学医学部医事法学、医師、弁護士)

   

概要 @あずみの里事件(窒息に関して業務上過失致死罪の刑事事件)A柳原病院事件(準強制わいせつ)B公立福生病院事件(透析中止・不開始)など、マスコミ報道された事件を素材にして、(@)どのような法規が問題になったのか、(A)法的観点から医療機関がとるべき対応は何か、を検証する。

 

 



15:00   全体閉会

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------

C) JPSCS2019  このホームページはリンク自由です。