日本医療安全学会 Japan Society of Clinical Safety (jpscs) 一般社団法人 日本医療安全学会 ホームページ             English version
入会手続きの方法 活動概要と年会費 オンライン届出 オフライン届出


日本医療安全学会について
 学会の主旨
 学会会則
 役員/委員会

学術総会
 設立記念講演会 
 第1回総会 
 第2回総会 

学会誌「医療と安全」
 投稿規定
 創刊号 
 通巻2号
 通巻3号
 通巻4号
 通巻5号


学会認定「高度医療安全管理者」制度
 資格の目的
 履修・申請の方法
 資格取得者の一覧

学会認定「高度医薬品安全管理者」制度
 資格の目的
 履修・申請の方法

多職種間学際シンポジウム
第1回シンポジウム
第2回シンポジウム




ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)
日本医療安全学会のフェイスブック

日本医療安全学会のツィター




〒113-0033 東京都文京区本郷4-7-12-102
 Email:
 office@jpscs.org

 TEL/FAX:
 03-3817-6770







賛助会員
規約
賛助会員一覧









  

日本医療安全学会 Japan Society of Clinical Safety (jpscs)

完璧に安全な世界 -- 安全を質と量から向上する

 本学会は医療現場が日常抱えている安全問題を解決することを具体的な目的とし、特定の固定観念にとらわれず、幅広く様々に複雑な状況へ柔軟に対応し、現場に即した実践的な安全文化の構築を目指します。
 このために、各種の安全管理責任者が本学会の理事・代議員として医療における各種の安全分野を編成し、多職種横断ならびに学際的研究の2つの視点から活動を展開します。

 以上から、本学会のキーワードは現場的、実践的、柔軟性、多職種横断および学際研究です。この広領域の諸課題を以下の観点から検討します。

医療安全の基本フレーム、医療安全の質的研究、医療安全の量的研究 (ビックデータなどの数量解析)、医療安全の倫理、事故の予防医学、リスク学、リスクアセスメントとリスクマネージメント、医療経営・経済学、 業務の改善、リスク情報学、安全工学(品質管理)、システム工学、安全心理・行動学、ガバナンス (組織学、透明性、リーダシップ、など)、臨床苦情相談、臨床安全コミュニケーション、臨床安全コーチング、など。

 このような独特な特徴を持つ本学会は、皆様が現場で抱えている安全問題の共通部分について多職種横断によって問題意識と解決策を共有・共感し、同時に各専門分野での安全向上に努め、日々に高度に発達していく巨大かつ複雑な医療現場での安全文化を構築します。

 (対象者)  医療従事者、専従医療安全管理者、専任医療安全管理者、医療クライシスマネージャー、医療リスクマネージャー、歯科医療安全管理者、医療機器安全管理者、医薬品安全管理者、医師、歯科医師、薬剤師、看護師、臨床工学士、その他の医療福祉関係者全般、 安全科学・工学関係者、安全心理関係者、危機科学関係者、リスク学関係者、法行政関係者、臨床心理関係者、医療コミュニケーター、医療安全対話推進者、医療メディエーター、行動学研究者、情報関係者、学生、市民、その他。



トピックス


第3回日本医療安全学会多種職間学際シンポジウム
会期: 2016年9月24日(土曜日)午前10時〜午後5時
会場: 京都府立医科大学附属図書館ホール
開催責任者:
佐和 貞治 (京都府立医科大学附属病院副院長、医療安全管理部部長、教授)
【テーマ】 医療安全とインフォームド・コンセント



第3回日本医療安全学会学術総会       ポスター  
会期: 2017年3月18日(土)〜19日(日)
東京大学 (定数:3500名)
総会共同会長:
渡邊 正志 (東邦大学大森病院病院長補佐、医療安全管理部部長、教授)
辰巳 陽一 (近畿大学付属病院医療安全管理部部長、教授)
山根 隆志 (神戸大学工学部機械工学教授)
【テーマ】 完璧な安全を目指して --- 医療安全を質と量から向上する

一般演題(口演・ポスター)申込み期間: 2016年7月1日 〜2016年10月1日

シンポジウム/パネル討論会の企画提案の申込み期間:
     2016年7月1日 〜2016年9月1日

2016年8月  東京大学  医療安全臨床コミュニケーション実習研修会2016 

2016年9月  東京大学  医療事故調査教育セミナー2016 

2016年9月  京都府立医科大学  第3回日本医療安全学会多種職間学際シンポジウム 

2016年10月 東京大学  医療安全教育セミナー(実践編)2016 

2017年3月  東京大学  第3回日本医療安全学会学術総会 



公開情報


* 医療機関からの安全管理者の求人案内について--- 2017年7月25日
* ニュースレターが発行されました。--- 2017年7月23日
* 第5回臨床安全世界会議 (2016年9月21日〜23日、米国ハーバード大学)の最終プログラムが公開されました。 --- 2016年7月16日
* 第3回日本医療安全学会学術総会 演題申込およびシンポジウム/パネル討論会の企画申込を開始しました。 --- 2016年7月1日
* 第5回臨床安全世界会議 (2016年9月21日〜23日、米国ハーバード大学)の日毎プログラム(仮)が公開されました。 --- 2016年6月8日
* 第5回臨床安全世界会議 (2016年9月21日〜23日、米国ハーバード大学)の演題申込を6月20日へ延長しました。 --- 2016年6月1日
* 学会機関誌「医療と安全」5号(電子ジャーナル)を会員へ配布しました。--- 2016年6月1日
* 学会機関誌「医療と安全」の編集委員会が2016年4月から変更になりました。新編集委員会は通巻6号から担当します。 新編集長の挨拶。--- 2016年5月29日
* 学会機関誌「医療と安全」通巻5号が今月に発刊されます。--- 2016年5月25日
* 「学会認定の高度医薬品安全管理者」資格制度が始まりました。--- 2016年5月12日
* 第3回日本医療安全学会学術総会の一般演題(口演・ポスター)申込み期間は 2016年7月1日 〜2016年10月1日です。 --- 2016年4月28日
* 第3回日本医療安全学会多種職間学際シンポジウムの参加登録を開始しました。--- 2016年4月21日
* 熊本地震災害義捐金 (日本赤十字社)--- 2016年4月16日
* 第3回日本医療安全学会学術総会のホームページが開設されました。--- 2016年4月15日
* 日本医療安全学会学会賞について--- 2016年4月1日
* 日本医療安全学会の一般社団法人化について--- 2016年3月7日
* 本学会の一般社団法人設立大会を以下に開催します。--- 2016年2月27日
   2016年3月5日(土)17:30〜17:50、東京大学山上会館2階大講堂
* 第2回学術総会の全プログラムを公開しました。--- 2016年1月31日
* ニュースレターが発行されました。--- 2015年11月13日
* 第5回臨床安全世界会議は、2016年9月21日〜23日に米国ポストン、ハーバード大学にて開催されます。 --- 2015年11月2日
* 第2回日本医療安全学会学術総会の参加申し込みの受付を開始しました。  --- 2015年11月1日
* 第2回日本医療安全学会学術総会の一般演題申込締切は10月31日です。  --- 2015年10月1日
* 第2回日本医療安全学会学術総会のホームページが公開されました。  --- 2015年6月6日
* 本学会は一般社団法人への移行に関する下記の新定款に対して、理事会、評議員会並びに一般会員のそれぞれにおける4分の3以上の方から賛同がありました。現定款に従って法人化移行が正式可決されました。  --- 2015年6月5日
* 日本医療安全学会の学会誌「医療と安全」4号が刊行されます。 --- 2015年5月11日
* 学会認定「高度医療安全管理者」資格制度が開設されました。  --- 2015年3月10日






* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

 第5回臨床安全世界会議 



2016年9月21日(水)〜23日(金)

ハーバード大学医学部 Joseph B. Martin Conference Center
米国マサチューセッツ州ボストン市


ホームページ   ポスター   概要



挨拶(英文)    挨拶(和文)



Final Program





公用語: 英語のみ。 他言語への通訳なし。




演題申し込みは終了しました。






参加申込用紙  (日本人向け)

参加申込期間: (演題発表者) 2016年4月1日〜6月30日.  (その他) 2016年4月1日〜9月10日


ボストン観光ガイド  ニューイングランド観光ガイド












賛助学会からの情報
世界学会の日本語ニュース
ニュースレター(国際)









臨床安全世界会議 (公用語:英語)
第1回 (2012年、ロンドン)
第2回 (2013年、ドイツ)
第3回 (2014年、スペイン)
第4回 (2015年、ウィーン)
第5回 (2016年、米国、ボストン)










医療機関からの安全管理者の求人案内


医療事故調査制度(厚労省)

改定された医療事故調査制度    概念図   (厚生労働省: H28.6)





熊本地震災害義捐金 (日本赤十字社)


社会人向け医学教育
東北大REDEEM

(C)2013 JPSCS    このホームページはリング自由です.