看護安全技術研修会2018 (奈良)

 

 

- ヒューマンファクターの基本的考え方 -----

 

 

 

20181215()9:30-16:00

 

奈良学園大学 登美ヶ丘キャンパス2号館 2501教室、2502教室 (定数320)

 

主催 日本医療安全学会

 

 

 

 

 

 (趣旨)  看護技術の安全は患者安全ならびに患者満足の向上にとって不可欠です。本プログラムは、看護技術の安全に関する基本資料を提供するものです。

 

 

受講対象者:  日本医療安全学会の看護系会員、その他の看護師

 

 

企画運営者:

西隈  菜穂子  (近畿大学医学部附属病院患者支援センター室長元近畿大学医学部奈良病院看護部長、日本医療安全学会代議員)

丸山 節子  (済生会奈良病院 医療安全管理専任者、日本医療安全学会代議員)

 

 

本プログラムは、学会認定「高度看護安全推進者」資格制度での必須科目の一部ともなります。

 

 

 

 

 

 

プログラム

 

 

 

受付開始 830

 

 

 

9301020    (基調講演)  看護におけるヒューマンエラーの概要

 

西隈  菜穂子  (近畿大学医学部附属病院患者支援センター室長、元近畿大学医学部奈良病院看護部長、日本医療安全学会代議員)

 

 

10201030 休憩

 

 

10301200    ヒューマンファクターの基本的考え方

 

下田 宏 (京都大学エネルギー科学研究科教授)

 

 

 

12:0013:00 昼食

 

 

 

13001350 医療安全におけるヒューマンファクターへの取り組み

 

松村 由美 (京都大学医学部附属病院医療安全管理部教授、日本医療安全学会理事

                                              

 

135013;50 休憩

 

 

 

14001450 医療機器の安全な使用の基本的考え方 – 医療機器安全管理者の立場から

                   

小山 和彦 (近畿大学医学部奈良病院 医療安全管理部 臨床工学技士) 

 

 

 

14501500 休憩

    

 

150016:00  リハビリテーションにおける安全の基本的考え方

             

横山 豊 (近畿大学医学部奈良病院 リハビリテーション部 技術科長補佐 理学療法士)

 

1600  閉会

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------

C) IARMM2018  このホームページはリンク自由です。