医療安全教育セミナー(技術編)2020

  

医療技術リスクとその対策

 

 

会期 20201112() 13()

 会場 インターネット講演会

 

 

主催 日本医療安全学会  

 

 

 

 

 

 

プログラム

趣旨:  本教育プログラムは、高度な医療安全活動を構築するための最新の資料を与えるもので、内容は毎年新しい話題を取り上げています。本年度からは学会役員の中で、本分野で経験豊富な諸先生による講演が行われます。本講座は2日間参加申し込みのみを受け付けます。

参加者には受講証明書を発行いたします。

 

受講対象者:  学会員、医療施設経営者、専任医療安全管理者、専従医療安全管理者、医薬品安全管理者、歯科医療安全管理者、臨床リスクマネージャー、医療機器安全管理者、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、臨床工学技士、放射線技師、臨床検査技師、医療事務関係者、医療産業界関係者、その他の医療従事者。

               

(1日目)   20201112() 午前10時〜午後4

 

接続開始 午前9

 

 

 

10:001050 (講演)  院内感染症に対する医療安全からの取り込み方

 

         酒井 亮二 (国際医療リスクマネージメント学会理事長)

 

 

 

11:001200 (講演)  医療機器の誤接続防止対策 

酒井 基広 (東京女子医科大学臨床工学技士長、東京都臨床工学技士会会長)

 

(概要) ISOによって最近推進されている「誤接続防止コネクタの導入」などを解説していただきます。

 

 

 

12001300  昼休憩

         

  

13001420 (講演) 医薬品の安全理対策の有り方

伊東 俊雅 (東京女子医科大学東医療センター薬剤部薬剤部長)

 

(概要)  内服薬のエラー、持参薬の安全管理、飲ませ忘れ、重複投与、中止・変更に関する指示の伝達ミス、などについてその実態と注意すべき点を解説する

 

 

 

14301600  (シンポジウム)  誤飲・嚥下の適切な技術

(概要) 誤嚥・窒息事故の実態と予防するためのポイントや具体的な技術について解説する。

   オルガナイザー:  三上 久美子 (横浜市立みなと赤十字病院医療安全推進室 看護副部長 医療安全管理者) 

 

   シンポジスト:

大坪 千智(横浜市立みなと赤十字病院看護部 看護師長 摂食・嚥下障害看護認定看護師)

佐藤 夕子(横浜市立みなと赤十字病院リハビリテーション科部 言語聴覚士

 

       

16:00  1日目閉会

 

 

 

 

 

 

 

 

(2日目)   20201113() 午前9時〜午後5

 

入室開始 午前830

 

2日目の目的:  技術リスクの高い甚大な医療事故事例について、その実情と安全対策の有り方を講義する

 

9:30-10:20  (講演)  医薬品安全に関する最近の重大事故事例  

             清野 敏一 (帝京平成大学薬学部教授、前東大病院副薬剤部長、

               7回日本医療安全学会学術総会共同総会長)

 

 

 

 

10:30-12:00  (講演)  医療機器安全に関する最近の重大事故事例 

             相田 伸二 (京大病院医療器材部技師長) 

 

 

 

12001300  昼休憩

 

 

 

13:00 13:50 (講演)  麻酔におけるハイリスク事故とその対策のあり方

 

佐和 貞治 (京都府立医科大学麻酔科学教室、京都府立医科大学附属病院副院長、

同医療安全管理部部長)

 

 

14:00-14:50   (講演)   看護における重大事故とその対策のあり方

  布施 淳子 (山形大学大学院医学系研究科 看護学専攻基礎看護学講座教授<

7回日本医療安全学会学術総会共同総会長)   

 

 

15:00-15:50   (講演)   人工心肺装置における重大事故とその対策のあり方

  許 俊英 (東京都健康長寿医療センター・センター長、

元東大病院重症心不全治療開発講座教授) 

 

 

16:00-17:00   (講演)  神経外科における重大事故とその対策のあり方

森田 明夫 (本医科大学研究科長、脳神経外科学、教授)

 

 

 


17:00   全体閉会

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------

C) JPSCS2020  このホームページはリンク自由です。