学会の趣旨  (日本医療安全学会 JPSCS)



 医療安全に関する医療業務には、医科医療安全、歯科医療安全、医薬品安全、医療機器安全、看護安全など多岐にわたり、医療現場はそれらの協同作業で展開される。 また、関連分野としてリスクマネージメント、品質管理、ヒューマンファクターと安全工学、リスクコミュニケーション、臨床コーチング、法行政学、医療経済学、医療経営学、情報科学、行動科学、認知科学、疫学・統計など多種多様の専門分野も存在する。

 本学会の目的は、これらの膨大な複合領域の観点から、医療安全文化の向上を図り、患者中心の医療を充実させることにある。



 2013年4月

   日本医療安全学会